ポイントタウンに新しい要素ができていたのでご紹介。
なんとまた「三角くじ」が増えました~!

20150617_purple_kuzi.png

このように真ん中の「紫くじ」が増えています。
検索4回で引けるようになった水色の三角くじに続き、これで三角くじは合計6個となりました!



紫くじへは、「マイページ」や「ミニゲームで貯める」のページの紫くじのところをクリックすれば行けます。
他の三角くじと同様、下のほうにありますので、スクロールして探してみてください。
もしくはキーボードの「End」キーを押すのが手っ取り早いかもしれません。



で、早速引いてみたところ、

pointtownmktk.png

いきなり当たってくれました~!!
いや~、この三角くじは、相変わらず結構当たってくれますね~。
6つもあれば、1日1回は当たるんじゃないでしょうか?
手軽にきますし、いいコンテンツが増えてくれましたね♪



画像にもあるとおり、Wチャンスもありますので、お見逃しなく。
Wチャンスも含めれば、全部で11回くじがひけることになりますよ♪






ついでにもう一つポイントタウンから。
スマホ版サイトの検索ポイントがキャンペーン中です。

pointtownskscp.png


画像の通り、6月30日まで、1日2回検索できるようになっており、合計4ポイントが獲得できます。
検索ポイントは手軽ですので、ここはサクッとポイントをゲットしておきましょう。



2回目の検索は1回目の検索から5分後でなければダメなようですので、その点はご注意を。
スマホ版で5分毎なら、ワラウの商品検索、ポイントモンキーのシール付ウェブ検索と同じですので、同時に処理すれば楽かもしれませんね。



待っている5分の間は、他のスマホ版コンテンツを消化していればいいと思います。
ポイントタウンだけでも結構ありますし、その他のサイトにも、スマホ版コンテンツが結構あります。
詳しくはこちらのスマホ版更新時間別リンク集をご覧ください。




最近のポイントタウンはこのように、三角くじを増やしたり、クイズや検索の増量キャンペーンをやったりと、無料コンテンツで獲得ポイントが増えるキャンペーンをやってくれるので、すごくありがたいですね♪
すごく地味ですが、無料での獲得ポイントを確実に増やしてくれています。
面倒な無料コンテンツばかりが増える傾向にある中で、こういうことをしてくれるサイトは、すごく貴重だと思います。



広告のほうも相変わらず数が多く、還元率も軒並み高いため、わたし的には言うことナシですね。
今日からはじまる楽天のお買い物マラソンのキャンペーンもやっていますので、こちらもお見逃しなく。
普段還元率が0.6%の楽天市場の広告が、お買い物マラソン中は1%の還元になっていますよ♪

pointtownokmcprt.png







ついでなので、換金報告も。
10万ポイント=5000円を、ジャパンネット銀行に。

pointtownkkjngkfty.png


広告もちゃんと利用しているからですが、相変わらずガンガン貯まってくれます。
でもこんなふうに溜め込むのはよくないですねw



昨日のライフメディアと違い、ポイントタウンノ場合溜め込むメリットも特にありませんので、換金ラインに乗ったらさっさと交換してしまうのがいいと思います。
わたしの場合、ブログで換金報告をしようと思い、換金のタイミングを逃がしている場合がほとんどですのでw
しかも大抵の場合、もういいやと思って報告せずに換金してしまったりw



ポイントタウンの場合、最低交換ラインが100円と低いですので、換金はしょっちゅうできると思います。
しかもキャンペーン中で、手数料が取られません。
というかこの手数料無料のキャンペーン、何度も延長されていて、終了する気配がありませんw
でもまぁ、キャンペーンとうたっているからには、いつ終了するとも限りませんので、無料で換金できるうちは、換金ラインに達したら、コマメに換金するようにしておきましょう。



ただでさえ無料コンテンツだけでも稼ぎやすいサイトなのに、広告も多く、還元率もよく、無料登録案件も高額案件も強く、その上換金ラインも低いだなんて、ほとんどもう無敵のサイトですねw
ちょびリッチも急成長していますが、やっぱり総合的に見ると、今一番熱いのは、やっぱりポイントタウンかな~なんじゃないでしょうか。
というわけで、大変オススメですので、登録がまだの方は、是非登録してみてください♪




にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ←参考になったと思われたらクリック願います。



ポイントタウンへの登録はこちらから。
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
ポイントタウン解説
ポイントタウンへの登録方法についてはコチラの記事で。
これまで携帯キャリアメールアドレスの登録が必須でしたが、認証方法が変わり、登録が少し簡単になりましたよ。




関連記事
スポンサーサイト