大分前ですが、このサイトからモッピーに登録してくれた方が、1名おられました。
そういえばお礼を言っていなかったので、今更ですがお礼をば。


本当にありがとうございます!!


お友達紹介で登録していただけたのはこの方がはじめてで、本当に嬉しかったです。
何しろそれこそが、ブログをはじめた目的ですからね。


ポイントサイトのブログをやっている方の多くが、多分わたしと同じ目的でブログをやっておられると思います。
自分のブログのバナーからポイントサイトに登録してもらい、お友達紹介ポイントをもらう
それでポイントを更に稼ごうというわけです。


お友達紹介ポイントの美味しいところは、お友達になってくれた方が稼いだポイントの何%かが、ボーナスポイントとして自分に振り込まれる、という点です。
もちろん、ポイントサイトにもよるんですけどね。
でも、ブログで紹介されることの多いポイントサイトは、大抵がそういうシステムを備えています。
あ、もちろん、お友達のポイントが減る、というわけではありませんよ。
あくまでボーナスポイントですので、お友達は普通にポイントを稼げます。


お友達が稼げば稼ぐほど、自分は何もしなくても、どんどんポイントを稼げる――
こういうメリットがあるから、たくさんの方がブログ等で、ポイントサイトを紹介されているわけです。
要するに、

不労所得が欲しいよおおおおおおおおおお!

ということです。
あ、いや、こんなに露骨なのはわたしだけかもしれませんが(´・ω・`)


ポイント還元率で見れば微妙なGetMoneyが、いろんなところでやたらと紹介されているのも、おそらくこのシステムが要因の一つです。
GetMoneyはお友達が稼いだポイントの、なんと50パーセントを、ボーナスポイントとしてもらえるんです。
50パーセントというのは、他のサイトと比べても相当大きいです。
つまり、お友達紹介で稼ぎやすいんですね。だからよく紹介されるんです。
いやまぁ、GetMoneyもゲームを利用すればなかなか稼げるサイトですので、紹介に値するサイトだとは思いますけどね。
でも、この紹介制度がなければ、もっと紹介される機会は少ないと思います。



このシステムを知らない初心者の方は、知らずにブログのバナー経由で登録して、いつの間にか誰かのお友達になっており、知らない誰かにボーナスポイントを献上している可能性もあるわけです。


(`・ω・´)「何それずるい、詐欺じゃん!」


と思う方もおられるかもしれませんが、紹介制度はポイントサイトを広める役割も担っているので、一概に否定することはありません。
むしろわたしは、有益な情報をいただいたブログでは、積極的にバナーを踏んで、ブログ主さんの子になるようにしています。


ただ、こういう紹介制度についてしっかり説明していないブログもありますので、誰かのお友達になんてなりたくない、という方は、注意したほうがいいと思います。
まぁ、デメリットがあるわけではありませんし、警戒するほどのことではないですけどね。
とりあえず、こういう部分をちゃんと説明しているか否かで、そのブログの信頼度の一部を計ることもできるんじゃないかと思います。
説明していないブログに限って、「すごく稼げる!」とか、「月に10万円!」とか、誇大に宣伝していたりしますしね。
(・・・・・・ていうか、わたしもあんまり、ちゃんと説明してないですね・・・・・・)



さて、こういう紹介制度があるからこそ、こうしてブログで、ポイントサイトについて色々語っているわけですが、ここで一つ、問題が出てきます。
それは、

「ポイントサイトの情報を求めている人のほとんどは、ポイントサイトに既に登録している」

ということです。
当たり前ですね。


つまり、ポイントサイトの情報を提供していても、新規登録者を募ることはほとんどできないということです。
ポイントサイトについて知らない人は、ポイントサイトについて検索したりしません。
したとしても、検索した際上位に出る、大手ブログの情報を見るでしょう。


要するに、初心者の方がこのブログのような後発ブログを見ることはほとんどない、ということです。
そもそもこのブログ、ポイントサイトにはじめて触れるような方に向けたコンテンツが全く揃っていないという、致命的な欠陥がありますしね(´・ω・`)


じゃあ、新規登録者を募るにはどうすればいいのか――


そのためには、ポイントサイトの情報以外の情報も発信していく必要があると思います。
ポイントサイト以外の情報でブログに来てもらい、このブログではじめて、ポイントサイトについて知ってもらうのです。
このブログがきっかけになれば、新規登録者も生まれやすくなるんじゃないでしょうか。


と言っても、全く違うジャンルの情報を発信しても、効果は未知数です。
できるなら、ポイントというものに興味を持ってもらえそうな人を狙った情報を発信するべきなんじゃないかと思うわけです。
例えば楽天ポイントの情報。
ポイントサイトは知らないけど、楽天ポイントは貯めているという人は、たくさんいるでしょう。
ということは、楽天のお得情報を発信して、そこからポイントサイトについて知ってもらう、ということも可能なんじゃないでしょうか。
楽天ポイントを集めている人ならば、他のポイントにも興味を持ってくれる可能性が高そうです。


もっとも、楽天の情報は、競争率が高い気がします。
楽天のお得情報を発信しているサイトは、たくさんあるでしょうからね。
できるなら、他にも手段が欲しいところです。
で、ここでようやく、本日の記事タイトルになるわけです。


コンビニポイントはポイントサイトへのゲートウェイになるか?


あ、ゲートウェイって言葉は使ってみたかっただけです。
入り口っていう感じの意味で捉えてもらえればと思います。
ええ。ちょっと賢いっぽい言葉を使ってみたかったんです(´・ω・`)


この疑問は、Pontaのスゴロクで入賞した際の記事を書いているときに思いつきました。
Pontaの記事を書いている最中、

あれ? そういえばPontaみたいなコンビニのポイントって、もしかしてポイントサイトよりよっぽど知名度があるんじゃない?

という当たり前のことに思い至りました。
当然ですよね。コンビニポイントはネットをやらない人でも知っているでしょうし、活用もしているでしょうが、ポイントサイトはネットをやっている人でも、知っている人は一部でしょう。


コンビニポイントを利用している人が、ふとしたきっかけで、ウェブ上でもコンビニポイントが稼げることを知ることは、結構あるんじゃないでしょうか。
入会時にもらうパンフレットなんかにも、サイトのことが書いてあるでしょうしね。
ということは、コンビニポイントをきっかけにして、ウェブ上でポイントを稼ぐという、ポイントサイトと同様の手法を学ぶ人もいるんじゃないでしょうか。
中にはお得な広告の情報やゲームの攻略法を検索する人もいて、その結果、ポイントサイトの存在についてはじめて知る人もいるのでは?


つまり、

コンビニポイント

コンビニポイントのウェブサイト

ポイントサイト


というルートが存在しているのではないかと思ったわけです。


実際このブログでは、Pontaのスゴロクについての検索でやってくる方がいたりします。
Pontaには紹介制度がないので、Pontaのスゴロクに関する情報を発信しているサイトが少ないために、わたしのブログでも検索上位になったんでしょうね。
まぁ、こういう方がポイントサイト初心者とは限りませんが、ポイントサイトに関する情報を求めてやってくる人に比べたら、初心者の方の可能性は高いんじゃないでしょうか。


というわけでこのブログでは、コンビニポイントに関する情報も、発信していきたいと思っています。
PontaやTポイント、あるいはWaonの情報なんかですね。
こういう純粋なポイントサイトからは半歩はずれた情報を発信することが、かえって紹介者を増やすことになるんじゃないかと思うんですよね。


と言っても、そういう情報ばっかりにするつもりもありませんけどね。
あくまでポイントサイトに関することがメインです。
そもそも、発信するような情報を持っていないことがほとんどですし(汗
ただ、ごくまれに、ちょっと外れたことを発信することがあると思います。
そういうときには、ああ、またコイツはない知恵を絞ってるんだな、と思っておいてください。




最後に。
今回紹介制度についていろいろと書きましたが、わたしはこれを、肯定的に捉えるようにしています。
既に書きましたが、有益な情報をくれたブログでは、積極的にそのブログから登録するようにしています。


ただわたしの場合、既に色んなポイントサイトに登録済みですので、有益な情報が得られても、情報のお礼にブログ主さんのお友達になろう、ということは、もうほとんどできません。
ですので代わりに、そのブログに貼ってある広告のバナーを踏むようにしています。
そうすることで、ブログ主さんに報酬が入ることがあるんです。


と言っても、ブログを訪問する際毎回それをやったりすると、チートを疑われて、むしろブログ主さんに迷惑をかけてしまうこともあって、なかなか加減が難しいんですけどね。
ですので、お世話になっているブログの広告をたまに踏む、という程度でしょうか。
あとは拍手やランキングのところをクリックしたりですかね。


そういった行為が少しでもお礼の代わりになっていれば嬉しいんですけどね。
まぁ、コメントを書くより手軽なお礼だと思って勝手にやっていることですので、どれだけ意味があるのかは分かりません。
皆さんにも「そういうことをやってくれ」と言いたいわけではありませんので、まぁ参考までにということで。




というわけで、文章だけの暑苦しい記事になってしまいましたが、今日はこのへんで。
読んでくださった方、ありがとうございました。







関連記事
スポンサーサイト